アレルギー改善

アレルギー改善

アレルギーとは体内に入った抗原、アレルギーの原因物質であるアレルゲンに対する過剰な免疫反応をいいます。
食物アレルギーの場合は、アレルゲンとなる食物を摂取し腸管から吸収すると免疫がアレルゲンを異物とみなし、排除するための抗体を作ります。
抗体が一定レベルを超えるとマスト細胞や好塩基球と結びつきアレルゲンに反応してヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。
その結果、皮膚炎や下痢、嘔吐などのアレルギー症状を引き起こします。
犬も人間同様に食物によるアレルギーがあります。

 

人間の場合は牛乳や鶏卵のアレルギーが多いのですが犬の食物アレルギーは牛肉や乳製品、小麦がアレルゲンとなることが多いです。
食物アレルギーの原因物質は主にたんぱく質です。
どの食材のたんぱく質がアレルゲンとなるかは犬により異なります。
たんぱく質はアミノ酸に分解されて吸収されますがこの分解が不十分だと身体に必要な栄養とは認識されず
免疫からは異物とみなされてしまいます。
消化の悪いたんぱく質はアレルゲンとなりやすいです。

 

また、幼犬期は消化機能が未発達なため、その時期に食べたたんぱく質がアレルゲンになりやすいというデータもあります。

 

食物アレルギーは、摂取した食事が原因となって引き起こされる症状であるためオーガニックや無添加のドックフードに変えるなど食事を見直すことでアレルギーを改善することが可能です。