ドッグフードの与え方

ドッグフードの与え方

オーガニックや無添加のドックフードの重量は原材料や製造方法、種類によって違いがあります。
犬種、体型、活動の違いでフードを与える量は異なります。

 

犬にとって正しい食事の量を摂取するには、犬の体重、体温など日常の体調管理も大切です。

 

 

○食事の正しい調整法

 

乾燥したドライタイプのオーガニックや無添加のドックフードフードを与える場合十分に新鮮な水を犬に与えてください。
子犬に与える場合は、成長に合わせて固さを調整して与えてください。
子犬と成犬の食事の調整は異なるので正しい方法で調整することが大切です。
間違った調整は消化器系の問題を引き起こす原因となります。

 

 

○食事の頻度

 

通常は栄養吸収などの面から1日2回以上にして与えるのが良いと思います。
消化器系の問題を起こしやすい犬や活動性の高い犬大型犬の場合は2〜3回に分けて与えてください。
食事後、犬は消化のために、2〜3時間休息する必要があります。
激しい運動をする犬の場合では、最適な活動行うために食事の間隔は6時間程度が必要です。
不規則な食事間隔は、消化不良を引き起こしてしまうため避けるべきです。

 

 

○食事の転換

 

ドックフードを切り替える場合、現在愛犬に与えているフードが何グラムの重量なのかをチェックしてください。
一度に切り替えると軟便になる場合があるので新しいフードに以前のフードを少量混ぜながら切り替えるのが得策です。