犬 嗜好性

犬の嗜好性

食事をおいしいと感じることやそれぞれの好みを嗜好性といいドッグフードではおいしいという意味で、嗜好性が高いという表現をします。

 

ドッグフードメーカーは犬のフードに対する嗜好性をテスト、分析し食いつきがよくなるように嗜好性の高いフード開発をしています。
嗜好性は犬の食べる量に比例するので、嗜好性が低いフードの場合どんなに栄養バランスが取れているフードでもあまり食べなくなり栄養不足になってしまう可能性があります。

 

嗜好性の高さは、犬が喜んで食べている姿を眺めるという飼い主の喜びと必要な栄養、エネルギーをちゃんと摂取できるように犬の食欲を高めるための重要なドッグフードの要素です。

 

犬はおいしいと表現したりおいしいと思うものや好きな食べ物を選ぶことできないので飼い主が判断してあげなければなりません。
犬がおいしいと感じているかどうかは食べる量によって判断できます。
おいしさ=嗜好性は、犬の場合は食べる量に比例すると言われています。
嗜好性を評価する方法としては、犬に複数のフードを同時に与えどちらをどれくらい食べるかを試す方法が代表的です。

 

犬がおいしいと感じるのは、糖分やアミノ酸に含まれる旨味です。
犬は人間より甘さやアミノ酸に含まれる旨味をより強く感じることができます。
匂いもおいしさの大切な要素です。
犬の嗜好性に関する研究では、犬は味よりも匂いでおいしさを決定すると発表されています。